楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド(主にS&P500)、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(BTC/XRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約6,000万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

当サイトについて

当面の目標は“運用資産1億円”

2020年8月現在の運用資産(リスク資産)は約7,000万円

保有中の米国株、投資信託(主にS&P500連動のインデックスファンド)、ゴールド(1kg)は10年以上、暗号資産(BTC、XRP、ETH)は5年以上保有予定だからコロナショック(コロナバブル?)でもほとんどガチホした結果、リスク資産は7,000万(2月中旬)⇒4,500万(3月下旬)⇒6,000万(4月下旬)⇒7,000万(7月下旬)と暴落前の水準に戻ってきました(この間トータル100万ほど買い増してるけど)。

米国株、投資信託のガチホ&投信積立、SPXL(S&P500ブル3倍ETF)をほぼ底値で400株買えたり、ゴールドが最高値を更新したのが大きかったけど、200株保有してたラッキンコーヒー(LK)がNASDAQ上場廃止になったり(OTC取引に移行したけどガチホ中)、中国のテスラと言われてる蔚来汽車(NIO)を売却したら1ヶ月で3倍~になったりと失敗も多かった( ̄▽ ̄;)

まだ無リスク資産(預貯金)3,000万ほどあるから「ビヨンド・ミート(BYND)データドッグ(DDOG)ファストリー(FSLY)ドキュサイン(DOCU)」など暴騰してたハイテク系を買ったり(イナゴ臭が・・・)、ベトナム株「ビングループ(VIC)、ベトコムバンク(VCB)」への投資も始め、10年以上続ける予定の毎月9万円の投信積立も当然継続中。

ちなみに暗号資産の保有割合は「BTC65%(9.3BTC)/XRP17%(15万XRP)/ETH10%(58ETH)/LTC6%(130LTC)/BCH1.7%(5BCH)/NEM0.3%(1万NEM)」くらい。

この運用資産(リスク資産)約7,000万を5年以内に1億にしたいと思ってるけど、ビットコインか米国株が暴騰してくれれば余裕だろ( ̄▽ ̄)

運用資産1億円あればS&P500のインデックスファンドで年利5%で運用できれば年間500万(税引後400万)の収入が得られるし、逆にリスクをとって1億⇒自由億(10億)を目指してもいいし、とにかく1億の運用資産あれば投資の幅が広がる(* ̄▽ ̄*)

もちろんトランプが再選しなかったり(バイデン当選を織り込んできてる?)、米中対立が激化したり、コロナウイルスワクチンの開発が遅れると再び株価は乱高下すると思うし、暗号資産(ビットコイン・イーサリアム・リップル)にしたって将来的にどうなるかなんて全く未知数だけど、所詮人生なんてギャンブルだと思ってるから、ダメだったらそれはそれで投資の失敗談としてネタになるかな(家族には申し訳ないけど・・・)。

このブログでは僕が実際にどのような資産運用を行っているのか?何の株を買ったのか?売却したのか?どの投資がパフォーマンスが良いのか?悪いのか?過去の資産運用の失敗談、現在のポートフォリオ、運用資産額、運用成績、投資信託の年別トータルリターンなど、一般投資家(弱小投資家)のリアルな資産運用実績(パフォーマンス)をありのままに公開しています。

また投資初心者の人のためにWealthNavi(ウェルスナビ)、THEO(テオ)、楽ラップなどのロボアドバイザーの口座開設から運用開始までの流れを画像を使って分かりやすく解説したり、米国株(米国ETF)の買い方、楽天ポイントでの投資、楽天カードでの積立投資(楽天ポイントが貯まる♪)についても実際に利用してみてどのように利用すればお得なのか?なども実体験を交えて説明しているので、投資初心者の人にも資産運用の参考になると思います。

あと楽天スーパーポイントの通算獲得数が330万ポイントを超えましたが、楽天ポイントのお得な情報、楽天の賢い利用法、楽天経済圏についても説明してます(^_^)

いずれにしても当ブログの情報を参考に投資して資産を減らしたとしても責任は取れないので、投資、資産運用は必ず自己判断、自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

新着記事一覧

サイト内検索
twitter
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

米国株の情報を無料でお届け

モトリーフール

アーカイブ