楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド(主にS&P500)、ロボアドバイザー、米国株、暗号資産(ビットコイン/イーサリアム/リップル)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約1億900万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

当サイトについて

2020年1月現在の運用資産(リスク資産)は約1億900万円(税引前計算で約+3,800万円)

保有中の米国株、投資信託(主にS&P500連動インデックスファンド)、ゴールド(1kg)は10年以上、暗号資産(BTC、ETH)は最低でも2025年までガチホ!

コロナショック(コロナバブル)で保有中の米国株、投資信託(主にS&P500)、暗号資産(仮想通貨)の評価額が大きく乱高下した2020年だったけど、アメリカを中心とした異次元金融緩和によって春以降⇒株式市場、秋以降⇒暗号資産市場がともに急騰し、リスク資産評価額が1億円を突破( ̄▽ ̄)

特に2年以上含み損が続いてた暗号資産はアメリカのオンライン決済PayPal(ペイパル)が「BTC/ETH/BCH/LTC」4通貨の暗号資産決済開始を発表したり、MicroStrategy、Squareなど上場企業のビットコイン爆買いが明らかになって10月以降急騰し、BTCはドル建て、円建て共に史上最高値を更新!

ガチホ中の暗号資産は約1,900万円投資⇒2020年10月末評価額2,050万⇒2020年12月末評価額3,700万と1,800万の含み益( ̄▽ ̄)

暗号資産の保有割合は「BTC72.5%(10.65BTC)/ETH15%(58ETH)/XRP9%(8万3千XRP)/LTC2%(30LTC)/NEM0.8%(1万NEM)/BCH0.7%(5BCH)/」くらいで買い増し予定ないけど2025年まではガチホ!

ただリップル(XRP)は米証券取引委員会(SEC)による提訴(有価証券問題)が深刻そうだから一時30万XRP保有してたけど徐々にXRP売却⇒BTC購入中。。

米国個別株は2020年の1年間で約6万5千ドル(約670万円)買い増し、適当にハイテクグロース株買った結果⇒1年で+60%(+9万ドル:+900万円)と爆益だったけど運が良かっただけ。

2021年の米国株はスクエア(SQ)を中心に買い増していくつもりだけど、買い増し額は2020年よりかなり少なくするつもり。

もちろん保有中の米国株は余程のことがない限り10年はガチホ!

投信積立は2020年12月分から「月9万⇒月12万」に増額(個人年金保険を解約したから)。

あとベトナム株「ビングループ(VIC)、ベトコムバンク(VCB)」もガチホ&少しずつ買い増したい。

現在46歳で4人家族(小さいの2人)にも関わらず収入少ないし賃貸住まいだけど・・・、無リスク資産(預貯金)もある程度あるから、仮に無収入でも約1億900万円のリスク資産は5年くらいは売らなくても何とか生きてける(^^;)

できれば5年以内に米国株、暗号資産(BTC)が暴騰して1億900万円⇒2億円くらいになってくれればFIRE(リタイア)してのんびり暮らせるんだけどなー(´▽`*)

逆に株価暴落、暗号資産が電子ゴミになって大きく資産減らしても所詮人生なんてギャンブルだと思ってるから悔いはない!家族には申し訳ないけど・・・( ̄▽ ̄;)

このブログでは僕が実際にどのような資産運用を行っているのか?何の株を買ったのか?売却したのか?どの投資がパフォーマンスが良いのか?悪いのか?過去の資産運用の失敗談、現在のポートフォリオ、運用資産額、運用成績、投資信託の年別トータルリターンなど、弱小投資家のリアルな資産運用実績(パフォーマンス)をありのままに公開中。

また買い物はアマゾンではなくほとんど楽天市場で、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)、楽天でんき、楽天ひかりなども使って楽天経済圏で暮らし、楽天スーパーポイントの通算獲得数が350万ポイント超えたけど、楽天ポイントのお得な情報、楽天の賢い利用法、楽天経済圏についても説明してます(^_^)

楽天ポイント投資、楽天カードでの積立投資(楽天ポイントが貯まる)についても実際に利用してみてどのように利用すればお得なのか?なども実体験を交えて説明しているので投資初心者の人にも資産運用の参考になると思います。

いずれにしても当ブログの情報を参考に投資して資産を減らしたとしても責任は取れないので、投資、資産運用は必ず自己判断、自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

新着記事一覧

サイト内検索
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

米国株の情報を無料でお届け

モトリーフール

アーカイブ