米国株(ハイテクグロース株が大好き)、暗号資産(BTC、ETH、XRP)、インデックスファンド(主にS&P500)、ゴールド1kgをガチホ&買い増ししか能がない楽天経済圏住人DCHIの運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約1億1,000万円)。楽天経済圏で暮らしながら楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

当サイトについて

ハイテクグロース中心の米国株、ビットコイン、インデックスファンド(S&P500中心)をガチホ&買い増し(積立)してる中長期投資家DCHIです!

2021年9月末現在の運用資産(リスク資産)評価額は約1億5,000万円(税引後計算で1億2,000万円)

「米国株、日本株、投資信託、現物ゴールド1kg」の評価額が約8,500万円(約+2,500万円)、暗号資産(BTC/ETH/XRP)が約6,500万円(約+4,600万円)、あわせて評価額が1億5,000万円(税引前)。

中国恒大集のデフォルト懸念(中国不動産バブル崩壊)、テーパリング(金融緩和縮小)、インフレ懸念、連邦政府の債務上限問題などの影響で株価、BTC価格が下がってるけど、111円/ドルと円安になってるから保有中のインデックスファンド、米国株の円建て評価額(評価損益)がそれほど下がってないのは幸い。。

リスク資産評価額、評価損益の推移
日付 評価額 評価損益(税引前)
2018/8/1 約4,900万円 約+998万円
2018/12/29 約4,165万円 約-270万円
2019/4/25 約4,441万円 約+68万円
2019/8/1 約4,937万円 約+379万円
2019/12/30 約5,958万円 約+35万円
2020/6/5 約6,888万円 約+345万円
2020/9/4 約8,102万円 約+1,267万円
2020/12/30 約1億966万円 約+3,857万円
2021/9/30 約1億5,000万円 約+7,100万円

~米国株~

テーパリング(金融緩和縮小)、インフレ懸念、連邦政府の債務上限問題などで株価が乱高下してるけど、中長期投資(10年超~)だから短期的な株価はほとんど気にならなくなった( ̄ー ̄)

米国個別株は2021年9月末時点で34銘柄保有中で、約16万ドル投資⇒評価額が約28万ドル(約+78%)ほどだから、ここから株価が暴落して半分になってもチョイ-だから気楽♪

ということで保有中の米国個別株は2030年ごろまではガチホ予定だけど、個別株は何が起こるか分からんし、保有銘柄増えてきたから気分次第で整理するかも?

米国個別株は成長ストリーに賭けて2021年はスクエア(SQ)エヌビディア(NVDA)インテュイティブ・サージカル(ISRG)ジョビー・アビエーション(JOBY)などを買い増し中。

~暗号資産(BTC/ETH/XRP)~

2021年に入って堅調に価格上昇してたビットコインだけど、「ビットコインなんてあっさり半分になるからなー」って思ってたら、中国の仮想通貨取り締まり強化(マイニング禁止でマイナーが続々海外へ)、アメリカの規制強化法案、イーロン・マスクの発言wなど色々あり、4月「1BTC=約700万円」⇒7月「1BTC=約320万円」と、僅か3ヶ月で半分以下になっちゃった( ̄▽ ̄;)

8月に500万円台を回復したけど9月に入って中国恒大集問題もあって暴落。

さらに9月後半には中国共産党が暗号資産を全面禁止(マイニング、海外取引含む)にすると発表して一時BTCが8%ほど下落するなどBTCは400万円台の攻防になってます。

ただ全面禁止でも8%ほどの下落と暗号資産界隈で中国の影響力が減少してるのは中長期的にはポジティブだと思うし、年内にアメリカでビットコイン先物ETF(現物ETFは2022年?)が承認される可能性もあるので、引き続き次のBTC半減期(2024年)翌年の2025年まではガチホ予定(もし1,000万円超えたら欲を出さずある程度は売るつもり)。

逆に暴落したら?150万円くらい(平均取得単価)で売るかもなー。。

暗号資産の保有割合は「BTC70%(10.65BTC)/ETH18%(58ETH)/XRP10%(7万3千XRP)/LTC1%(30LTC)/BCH0.5%(5BCH)/NEM0.5%(1万NEM)」くらいで買い増し予定はありません。

あとレンディング(DeFi等)、NFTも興味あるけど、リスク&自分の頭の悪さなどを考えてやってません。頭の良い人はえげつなく稼いでるみたいで羨ましい。。

暗号資産の評価額、評価損益の推移(1,865万円投資)
日付 評価額 評価損益(税引前)
2018/1月 約1億2千万円 約+1億円(売れず)
2020/3月末 約900万円 約-1,000万円
2020/10月末 約2,050万円 約+150万円
2020/12月末 約3,700万円 約+1,800万円
2021/9/30 約6,500万円 約+4,635万円
2025年

~投資信託/日本株/新興国株~

投信積立はS&P500投信を中心に月11万円継続中(個人年金保険を解約したから増額)。

あとベトナム株「ビングループ(VIC)、ベトコムバンク(VCB)」インドネシアETF(EIDO)など新興国株へも少額投資し、国内株はプラチナチケットだと思ってるQDレーザ(6613)が大きく含み損中だけど、10年後のこと考えれば下がれば買い増すのみ!

~現物ゴールド1kg~

現物ゴールド1kg(約670万円⇒約+150万円)は最低でも2030年まではガチホ!

もしビットコイン売って余剰資金できれば1kg買い増し予定。

~現状と今後の展望~

いま47歳で4人家族(小さいの2人)にも関わらず収入少ないし賃貸住まいだけど・・・、仮に無収入でも、約1億円超のリスク資産を売らなくても5年は生きてけるほどの無リスク資産(預貯金)もあるから、預貯金なくなるまでは約1億円超のリスク資産はガチホ!

できれば5年以内にガチホ中の米国個別株、暗号資産(BTC)が暴騰してリスク資産が2億円(税引後)くらいになってくれれば⇒1億円をインデックス投信(S&P500/NASDAQ)、5,000万円を米国個別株、5,000万円をビットコインで運用し、FIREして毎年必要な分だけ売却しようと画策中( ̄▽ ̄)

逆に株価暴落、暗号資産(BTC)が電子ゴミになって大きく資産減らしても所詮人生なんてギャンブルだと思ってるし、家族には申し訳ないけど・・・もともとクソみたいな人生だから悔いはない(^_^)

このブログでは僕が実際にどのような資産運用を行っているのか?何の株を買ったのか?売却したのか?どの投資がパフォーマンスが良いのか?悪いのか?過去の資産運用の失敗談、現在のポートフォリオ、運用資産額、運用成績、投資信託の年別トータルリターンなど、弱小投資家のリアルな資産運用実績(パフォーマンス)をありのままに公開中。

また買い物はアマゾンではなくほとんど楽天市場で、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)、楽天でんき、楽天ひかりなども使って楽天経済圏で暮らし、楽天を使うようになって約15年で楽天スーパーポイントの通算獲得数が370万ポイント超えたけど、楽天ポイントのお得な情報、楽天の賢い利用法、楽天経済圏についても説明してます(^_^)

楽天ポイント投資、楽天ビットコイン、楽天カードでの積立投資(楽天ポイントが貯まる)についても実際に利用してみてどのように利用すればお得なのか?なども実体験を交えて説明しているので投資初心者の人にも資産運用の参考になると思います。

いずれにしても当ブログの情報を参考に投資して資産を減らしたとしても責任は取れないので、投資、資産運用は必ず自己判断、自己責任でお願いします!

新着記事一覧

サイト内検索
人気記事TOP10
まだビットコイン持ってないの?

コインチェック

アーカイブ