楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド(主にS&P500)、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(BTC/XRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約7,500万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

シェイク・シャック(SHAK)を50株(約50万円)買付!


公開日:

2019年10月1日(火)に指値注文してたシェイク・シャック(SHAK)が約定しました( ̄▽ ̄)

「年初来2倍になってるから割高」、「PEPが・・・」など、株に詳しい投資家なら買いずらい状況かもしれませんが、自分は株、投資信託ともにタイミングを計って買うのが苦手なので、「買いたい時が買い時♪」と思って93.5USD(米ドル)で50株(約4,600米ドル、約50万円)買いました!

シェイク・シャック(SHAK)とは?

シェイクシャックは2004年創業(2001年からNYで屋台でスタート)、2015年1月にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した米国企業で、アメリカ(ニューヨーク)を中心にアンガスビーフ100%など、高品質で安全性の高い食材を使用しているハンバーガーショップです。

シェイクシャックは2019年現在、世界で約230店舗(直営店+フランチャイズ)展開しており、そのうち約半分がアメリカ、あとはイギリス(ロンドン)、メキシコ、トルコ(イスタンブール)、ロシア(モスクワ)、日本、中国(上海)、香港、マカオ、シンガポール、ドバイ、フィリピン、韓国(ソウル)などへ出店しています。

シェイク・シャック(SHAK)の出店ペースが緩やかな理由

シェイクシャックは安全性の高い食材を使用し、味、サービスの質を落としたくないため、2004年に創業し、15年経って世界で230店舗しか展開してないので出店ペースはかなり緩やかです。

ただ今後は直営店だけでなくフランチャイズ店も出店ペースを上げていき、特に今後はアジアを中心に出店ペースを上げていくと言われています。

シェイクシャックは美味しい♪

シェイクシャックは2019年現在日本では、東京、神奈川、静岡、大阪、京都にしかお店がなく、僕が住んでる岡山にないため、僕は東京に行ったときは必ずシェイクシャックに行ってスモークシャックバーガー(Double)+チーズフライを食べてます( ̄▽ ̄)

シェイクシャックは日本ではスターバックスを手掛けた株式会社サザビーリーグと独占契約し、2019年10月現在、以下の14店舗展開してます。

・外苑いちょう並木店
・新宿サザンテラス店
・アトレ恵比寿店
・東京国際フォーラム店
・六本木店
・東京ドーム店
・二子玉川店
・みなとみらい店
・テラスモール湘南店
・御殿場プレミアムアウトレット店
・梅田阪神店
・茶屋町店
・大丸心斎橋店
・京都四条烏丸店

僕は2014年7月に嫁(結婚前)とメジャーリーグ観戦目的でニューヨークへ行きましたが(ヤンキースタジアムで当時レンジャースのダルビッシュや当時ヤンキースのイチローのホームランを見ました!)、その時に初めてシェイクシャックで食べたハンバーガーの美味しさに感動し、ニューヨークに7日間滞在中5回もシェイクシャックに行きました。

帰りのJFK空港内にもシェイクシャックがあったので、ニューヨーク観光最後の食事もシェイクシャックでした(^^;)

そして2015年11月に日本のシェイクシャック1号店、外苑いちょう並木店がオープンし、12月に東京に行ったときに外苑いちょう並木店に1時間ほど並んで1年半ぶりにシェイクシャックのハンバーガーを食べましたが、ニューヨークで食べた味と同じでやはり美味しかった(*´∇`*)

シェイクシャックは日本での店舗数も増えてきたし、目新しさもなくなってきたため行列はなくなりましたが、僕は東京へ行くたびに必ずシェイクシャックには足を運んでます(主にアトレ恵比寿店、六本木店、東京ドーム店)。

シェイクシャックのハンバーガーはシャックバーガー(Single)が710円、一番高いスモークシャックバーガー(Double)が1,210円(いずれも税別)と、マクドナルドのハンバーガーと比べ値段は高いけど、一度食べたらあの味は忘れられない( ̄▽ ̄)

ちなみにシェイクシャックはお肉を食べない人(ベジタリアン)のためにパテにマッシュルームを使ったシュルームバーガーもあるし、お店によってはビール、ワインも提供してますよ。

シェイク・シャック(SHAK)を50株買付!

2019年9月28日にSBI証券で「93.5USD(米ドル)で50株指値注文」し、2019年10月1日(火)に50株、約定しました!

93.5USD(米ドル)で50株買付したので、手数料等を入れて4,697USD(米ドル)、この日の為替は1ドル約108円だったので、約50万円分買付しました。

シェイク・シャック(SHAK)約定履歴
約定日 2019年10月1日(火)
約定単価 93.5 USD(米ドル)
約定数 50株
約定金額 4,675 USD(米ドル)
手数料 20 USD(米ドル)
課税 2 USD(米ドル)
受渡金額 4,697 USD(米ドル)

シェイク・シャック(SHAK)は2019年現在、配当金(分配金)はないので、単純に値上がりを期待して買ったグロース株(成長株)です。

シェイク・シャック(SHAK)の2019年1月2日の終値は44.55USDだったので、10ヶ月で株価が2倍以上に上がって割高感ハンパないけど(一時100USD突破して最高値)、まー10年、20年後までガチホ予定だから短期的な株価の上げ下げなんて気にしない!

また店舗数も2019年現在、世界で約230店舗、日本でも14店舗しかないため、今後世界的に店舗数は確実に増えていくことが予想できるので株価も期待できる?と思ってます。

スポンサーリンク

もちろん単純に店舗数が増えれば利益増⇒株価が上がるとは言い切れないけど、これから10年、20年後、今の230店舗(2019年現在)から10倍の2千店舗くらいになってれば株価も面白いことになってると思うけどなー( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク
サイト内検索
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

米国株の情報を無料でお届け

モトリーフール

アーカイブ