楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド(主にS&P500)、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(BTC/XRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約7,500万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

すかいらーくHD(3197)を100株買った!⇒7ヵ月で売却、損切り・・・


公開日:   最終更新日:

楽天経済圏住人DCHIです!

2020年、最初に買った日本株はすかいらーくホールディングス(3197)

日本の個別株はあまり買いたくないけど(ネオモバで毎月S株買う)、ステーキガストによく行くので株主優待目当てだけで買いました⇒2020年8月14日に損切(-62,690円)しました(-_-メ)

すかいらーくHD(3197)の約定履歴

今回SBI証券で、すかいらーくHD(3197)を買った約定履歴です。

すかいらーくHD(3197)約定履歴
約定日 2020年1月8日(水)
約定単価 2,138円
約定数 100株
手数料・諸経費 250円
課税額 25円
受渡金額 214,075円

すかいらーくHD(3197)の株価は上がる?下がる?

人口減、インフレ(物価上昇)、消費税増税、所得(給料)が上がらないなど・・・、日本、特に外食産業はこれから厳しい時代になるのは明らか。

現に2019年11月にはペッパーフードサービス(3053)が運営する、いきなり!ステーキが44店舗(全店舗の約1割)の閉店を発表し、幸楽苑(7554)も2020年4月までに全国約500店舗のうち51店舗閉店すると発表しました。

ペッパーフードサービス(3053)に至っては株価は最高値8,230円(2017年10月1日)⇒2020年1月9日の株価は1,146円と、最高値から80%以上も値下がりしてます(-。-;)

ペッパーフードサービス(3053)の株価チャート

幸楽苑HD(7554)の株価チャート

僕も2017年に3ヶ月ほどペッパーフードサービス(3053)を100株保有してたけど、近所(岡山県)に「いきなり!ステーキ」ができたので初めて行ったとき、これは色々と厳しいな・・・と思ったので即売却しました(+10万ほど)。

その後の暴落はご存じの通りで、自分の感覚は間違ってなかったなと( ̄▽ ̄)

じゃーなぜすかいらーくホールディングス(3197)を買ったのか?

すかいらーくHDの「売上、営業利益、経常利益」は以下の通りで、利益は下がってるけど(配当も2019年に減配・・・)、株価は順調に上がってます。

すかいらーくHD(3197)の株価チャート

つまり株主優待が魅力的なので買ったら売らないガチホ(buy&hold)する人が圧倒的に多いと予想できます。

例えば株価が10年で半分に下がった場合、100株買って(2020年1月現在約21万)⇒10万になっても、株主優待が改悪しなかったら年間6千円×10年間=6万円分の株主様ご優待カード貰えるので実質4万ほどのマイナス。

さらに配当も年20円ほどもらえれば(2019年は19円)、100株×20円=年間2千円×10年間=2万円(税引前)の配当GETなので、さらに損失は少なくなります(日本企業はすぐ減配するからなー)。

つまり10年で株価が半分になったとしても大した損失ではない(*´∇`*)

逆に株価が10年で2倍になったら?値上がり分+株主優待+配当金で爆益( ̄▽ ̄)

僕も株主優待目当てで買った1人なので、株価関係なく株主優待を改悪しない限りガチホ予定だけど、もし株主優待を改悪すれば即売却(損切り)するつもりです(改悪したら株価も大きく下がるだろーなー)。

すかいらーくHD(3197)の配当&配当利回り

すかいらーくHD(3197)の配当金、配当利回りは以下の通りで2019年に普通に減配しました(^^;)

アメリカは余程のことがない限り減配する企業が少ないのに対し、日本企業は少し業績が下がったくらいですぐ減配する企業多いから、やはり配当目当てであれば日本株よりも米国株がオススメです(キャピタルゲイン⇒株価の値上がりも米国株のほうが期待できるし)。

コロナショックで無配に・・・

2020年5月21日(木)、すかいらーくHD(3197)が2020年第1四半期(1-3月)決算発表⇒8.1億円の赤字(税引前)⇒上期9円を計画していた配当見送り⇒下期配当未定に・・・。

無配は仕方ないとして、株主優待(株主様ご優待カード)は維持かな?もし一時的とはいえ株主優待(株主様ご優待カード)もなくなれば大暴落必至だな(-_-;)

コロナウイルスの影響で観光客激減、営業時間短縮、外出自粛、店内での飲食を控えるなど、外食産業の多くが壊滅的ダメージを受けてるけど、すかいらーくも同様で、2020年第1四半期(1-3月)でコレだから、2020年第2四半期(4-6月)はもっとひどいだろーなー。。

コロナショックによって飲食店の多くは宅配、テイクアウトに力を入れてきてるけど、最低でも2020年はかなり厳しいかなと。

スポンサーリンク

ただ株価もソコソコ下がってるから、長期保有であれば2020年中に買い増してもいいかなと思ってます。

すかいらーくHD(3197)の配当&配当利回り
配当金(年2回合計) 配当利回り
2014年 14.621円
2014年  13.52円 2.24%
2015年 33円 2.1%
2016年 38円 2.46%
2017年 38円 2.37%
2018年 38円 2.19%
2019年 19円 0.89%
2020年 無配?   –

僕は100株保有してるので、2020年も2019年同様、年間19円(1株あたり)の配当が出たとすると、100株×19円=1,900円(税引前)の配当が受け取れる計算です(2020年はおそらく無配・・・)。

すかいらーくHD(3197)の株主優待(株主様ご優待カード)

株主優待の人気ランキングサイトは数多くあるけど、そのほとんどでTOP10に入るほど人気なのが、すかいらーくHD(3197)の株主優待です。

人気の理由は、全国約3,000店舗の「すかいらーくグループ」で利用できる株主様ご優待カードが貰えるからです。

すかいらーくHD(3197)の株主様ご優待カード
保有株数 進呈金額
100株以上~ 6,000円(6月+12月)
300株以上~ 20,000円(6月+12月)
500株以上~ 33,000円(6月+12月)
1,000株以上~ 69,000円(6月+12月)
すかいらーくHD(3197)の株主優待 権利確定日(2020年)
権利日 権利付き最終日 進呈日
6月(中間) 2020年6月26日(金)  9月中
12月(期末) 2020年12月28日(月) 3月中

僕は100株保有してるので年間6,000円(3,000円+3,000円)の株主様ご優待カードが貰えますね(^_^)

わが家はステーキガストによく行き、家族4人(僕、嫁、小さいの2人)1回あたり5~6千円ほど使うので、1回分無料で食事できる計算ですね(ステーキガストでカットステーキ食べ放題も行きました!)。

ちなみに株主様ご優待カードは年2回送られてくるけど、6月末の権利付き最終日(2020年は6月26日)⇒9月中、12月末の権利付き最終日(2020年は12月28日)⇒3月中に株主様ご優待カードが送付されてくるので、僕の場合、2020年1月に買ったので9月中に送付されてくると思います(楽しみだ)。

株主優待目当てで株を買わない理由

僕は基本的に株主優待目当てで株は買いません。

だって株価がダダ下がっても「株主優待があるから売れないな・・・」と思うのが嫌だし、株主優待目当てじゃなくキャピタルゲイン(値上がり益)狙いのほうが魅力的じゃない?

例えば株主優待目当てで買った株が1年で+5%値上がりして、+株主優待が貰えたとしても、キャピタルゲイン狙いの株が1年で+10%値上がりしたら、後者のほうがお得でしょ?

もちろん株主優待も貰えて、配当金も貰えて、さらに株価も爆上げしてくれれば嬉しいけど、そんなに甘くないからなー。。

ただ、すかいらーくHD(3197)の株主優待は、すかいらーくグループをよく利用する人にとっては魅力的なのは間違いないし、今後も安定した業績が期待できるので今100株保有してるけど、もし株価が1,500円割ったら200株買い増して300株保有(年間2万円の株主様ご優待カード)にしたいなー。

すかいらーくHD(3197)株主様ご優待カードが使えるお店一覧

株式会社すかいらーくレストランツ(Sガストを除く)

・ガスト
・バーミヤン
・ジョナサン
・しゃぶ葉
・夢庵
・ステーキガスト
・グラッチェガーデンズ
・藍屋
・魚屋路
・和・カフェ
・いろどり和菜みわみ
・ゆめあん食堂
・とんから亭
・からあげ専門から好し
・ばーみやん軒



ニラックス株式会社

・グランブッフェ
・フェスタガーデン
・イタリアンバイキング パパゲーノ
・ブッフェ グランチャイナ
・ブッフェ エクスブルー
・むさしの森珈琲
・ラ・オハナ


株式会社トマトアンドアソシエイツ

・じゅうじゅうカルビ
・トマト&オニオン

すかいらーくHD(3197)の売却履歴

株主優待目当てで100株だけ買って保有してた、すかいらーくホールディングス(3197)を2020年8月14日に全て売却、約7ヵ月のお付き合いでした。。

すかいらーくHD(3197)売却履歴
約定日 2020年8月14日(金)
約定単価 1,515円
約定数 100株
手数料・諸経費 105円
課税額 10円
受渡金額 151,385円
損益 -62,690円

日本の外食産業は基本的に厳しいのに、さらにコロナウィルスの影響で外食しない、外国人観光客も来なくなったため、覚悟してたけど決算内容は目を覆いたくなるような惨状だった。。

2020年12月期第2四半期累計(1-6月)の売上収益1,390億6,600万円(前年同期比25.8%減)

2020年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前損益は198億円の赤字(前年同期は85.6億円の黒字)

2020年4-6月期(2Q)の連結税引き前損益は190億円の赤字(前年同期は43.8億円の黒字)

2020年4-6月期(2Q)の売上営業損益率は前年同期の6.0%⇒-34.6%

コロナウィルスが収束しない限り外食産業は厳しいと思うし(もちろんテイクアウトにシフトすると思うけど)、株主優待改悪、配当も減配(無配)になる可能性も否定できないし、これらを維持したところで株価の急上昇はまだまだ先だと思うから、だったらさっさと損切りして、売却分の15万円で米国株でも買ったほうがよっぽど期待できると思うから、個人的にはステーキガスト好きで月1くらいで行くけど損切りしました(*´Д`)

2020年6月26日(金)の権利はあるから9月中には3,000円分の株主様ご優待カードは送られてくると思うけど、株主優待目当てで買うとロクなことないし、やっぱり日本株より米国株のほうが何十倍も期待できるから、余程のことがない限り日本株、特に株主優待目当てで株は買わんぞ!

スポンサーリンク
サイト内検索
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

米国株の情報を無料でお届け

モトリーフール

アーカイブ