楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(主にXRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在約4,000万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中。

リスクをとった投資をする理由


公開日:

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)などのインデックスファンドの投信積立+余剰資金での買い増しを基本とし、10年、20年以上の長期投資を前提に資産運用している楽天経済圏住人DCHIです!

投信積立は比較的ローリスクローリターンの資産運用ですが、それでも10年、20年以上、長期運用すれば年利平均3~5%くらいは十分期待できるので多くの人が実践してると思います(暴落時でも握り続けることができればですが)。

が、僕は比較的低リスクのインデックスファンド以外にも、リスクが高いといわれてる仮想通貨(暗号資産)へ1,900万円、投資してます!

なぜか?

理由は単純明快!早くお金持ちになりたいからです( ̄▽ ̄)

インデックスファンドではお金が劇的に殖えない?

インデックス投資は、たいした知識がなくてもS&P500などの指数と同じ運用成績をあげることができるし、年々、手数料(信託報酬)も下がってきてるので、長期運用が前提ですが素晴らしい金融商品だと思います。

特に運用益を再投資しての複利効果が大きいので、早く始めれば始めるほど有利です。

現に僕は毎月9万円(年間108万円)の積立をしてます。

楽天カード決済での投信積立⇒5万円

ロボアド3つ⇒3万円

楽天ポイントでの投信積立⇒1万ポイント

ロボアドはインデックスファンドよりも手数料が割高なので賛否両論ありますが、忙しい人(投資の事ばかり考えられない人)、投資初心者で勉強しながら資産運用したい人にとっては素晴らしい金融商品だと思うし、そもそも銀行に預けてることに比べれば数100倍マシですからね!

そんな素晴らしいインデックス投資ですが、唯一の弱点がお金持ちになるまで時間がかかりすぎることです。

例えば以下の通り、仮に1,000万円を一括投資して年利平均5%で運用できた場合(運用収益は再投資することが前提)、20年後に1,600万円(税引後⇒約1,300万円)しか殖えないんですよ。

いや20年で1,300万円、殖えれば十分ですよ。貯蓄みてくださいw

20年間⇒1,000万円一括投資した場合(再投資:税引前)
貯蓄(0.01%) インデックスファンド(5%)
約1,002万

(+2万)

約2,653万

(+1,653万)

でもこれくらいだと人生大きく変わらないのが現実です。

しかも20年って長いので、この間に暴落などがあった場合、狼狽売りする人も出てくると思うので、20年間、投資したインデックファンドを持ち続けるって結構大変なんですよねー。。

また1,000万円、用意できる人も少ないと思うし、仮に手元に1,000万円あってもそれを全てインデックスファンドへ投資することなんて一般投資家はできないと思うので、毎月の投信積立が現実的だと思います。

では毎月10万円(年間120万円)、投信積立した場合は以下の通り、20年で+1,700万円(税引後⇒1,350万円)になります。

20年間⇒毎月10万円(元金2,400万)積立投資した場合(再投資:税引前)
貯蓄(0.01%) インデックスファンド(5%)
約2,424万

(+24万)

約4,110万

(+1,710万)

毎月、10万円を20年間、欠かさず投信積立できる人も少ないと思うし、仮にできたとしても20年で+1,350万円。これくらいではやはり人生は変わりません。

何度も言いますが貯蓄なんて論外w

繰り返しますが、インデックス投資(運用益を再投資&長期運用)は素晴らしい戦略で、第三次世界大戦、地球が滅ぶような世界的震災、病気の蔓延、天地異変等がないことが前提ですが(^^;)、長期間、運用できればソコソコ資産を殖やすことができるので、僕は20年、30年・・・、できれば死ぬまで続けたいと思ってます!

でもインデックス投資では大きく資産を殖やすことはできないし、資産が殖えるまでに時間がかかるので、リスクを取って仮想通貨(暗号資産)へも投資しています!

スポンサーリンク

なんで仮想通貨(暗号資産)なの?

FX、個別株、先物オプションなど、世の中にはリスクの高い金融商品はいくらでもありますが(特にレバレッジをかけれる金融商品)、なぜ僕が仮想通貨(暗号資産)を選んだのか?

答えは「たまたま余剰資金が結構あったときに出会った」からです(-。-;)

ちなみに2020年4月から仮想通貨⇒暗号資産へ呼称が変更されるみたいなので、これからは暗号資産と呼びたいと思います!

僕は2017年7月に知人から「リップル(XRP)という仮想通貨が熱い!」と言われてから暗号資産投資を始め、当時たまたま余剰資金が結構あったので、リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)などに1,000万円以上投資し、バブルで一時評価額は1億2千万円(当時の投資額は1,600万円ほど)になりましたが、「まだまだ上がる⤴だろ!」と思ってガチホした結果⇒2018年の大暴落で評価額は一時1,200万円まで大きく下がった経験を持ってますw

普通こんな経験すれば暗号資産から撤退すると思いますが、僕は暗号資産の中でもリップル(XRP)のビジョンにかなり共感するというか、近い将来リップル(XRP)がビットコイン(BTC)を抜いて時価総額1位になると思ってる、つまり3年後の2022年くらいまでにリップル(XRP)は最高値(約400円)を更新すると思ってるので、2019年6月現在、約30万XRPガチホ中です!

ただ2019年現在、暗号資産の税区分は雑所得、つまり4,000万円超~の所得(暗号資産の利益)があれば55%(所得税45%+住民税10%)の税金が持ってかれるので、税金面では株(一律20.315%)などに比べればかなり不利です。

いずれは暗号資産も株などと同じく20.315%の申告分離課税になると思いますが、まー税金のことはリップル(XRP)が最高値を更新してから考えればいいとして(^^;)、とにかく暗号資産はリスクが高いとけど、その分、大きく資産を殖やすことも可能なので(実体験済み)、僕は暗号資産、特にリップル(XRP)に賭けてみたいと思います!

なんで早くお金持ちになりたいの?

みんな早くお金持ちになりたいでしょ?一緒w

まずお金持ちの定義が分からないけど、分かりやすく金融資産1億円と仮定しましょう。

1億手に入れれば・・・

定年にこだわらなくてもいい

子どもたちとの時間を増やせる

元気なうちに海外旅行などに行ける

お金のストレスから少し解放される

ただ40歳で1億円もつのと80歳で1億もつの。違いますよね?

人生100年時代、老後の心配はほぼなくなるわけだから80歳で1億を手にしても嬉しいけど、そもそも80歳まで生きてるか分からんしw、子ども(孫)に摂取されるかも分からんしw、死ぬときに子どもに残したって仕方ないし(死ぬときにお金を残すなんて日本人くらいみたいですよ)。

一方40歳で1億円を手に入れれば、例えばまだ給料所得がある場合、1億円全てを「S&P500、日米高配当株(ETF)」などに投資して年利3%で運用できれば(5%以上も可能な気するけど)、毎年300万円(税引後240万円)の収入をほぼ元本を減らすことなく得ることが可能なわけですよ。

1億を高配当株などに投資して仮に配当金が年5%でれば毎年500万(税引後400万)の収入を得ることができるので、独身であれば早期リタイアも現実味がありますが、家族がいる場合400万ほどで生活するのは難しいので40歳で1億を手にしても早期リタイアは現実的ではないですね(60歳くらいまでは元本1億を減らしたくない場合)。

もちろんこれは机上の空論だけど、日米高配当株なら例え株価が一時的に下落したって配当金は出るわけですよ(株価が下がれば配当利回りは上がる)。

つまり給料所得+配当金でソコソコの生活ができ、さらに株価が下がってなければ元本1億円もそのまま。まさに配当生活!最高かよ!

40歳から60歳くらいまでこの生活を続け、60歳ころから収入がなくなったとしても、まだ元本1億円のままであれば、引き続き配当金を貰えば、年金(期待薄だけど)+配当金で普通以上の生活ができるし、1億円の中から3千万円ほどを使って田舎に家を買ってのんびり暮らせば生活費もそれほどかからないだろうから余裕で人生逃げ切れると思うんですよ(もちろん人生なにが起こるか分からないけど)。

まー色々ありますが、とにかく1日も早くお金持ちになったほうが人生楽しめるのだけは間違いない!

そのためには自分で事業を始める、宝くじに当選する、親の遺産を相続するなど色々あるけど、僕は投資で1日でも早くお金持ちになることを選択しました!そもそも宝くじなんて当たらんし(買わないし)、遺産相続するほど親の遺産もないし。。

結果は2、3年後には分かるのでは?と思ってますが、果たしてリップル(XRP)は最高値の400円を超えてるのか?それとも・・・なのか?楽しみだなー( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク
サイト内検索
twitter
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

ロボアドバイザーはじめるなら?
アーカイブ