楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(主にXRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在約4,000万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中。

楽天ポイント運用はじめました


公開日:   最終更新日:

投資、資産運用に興味があっても実際始めるとなると投資初心者にはハードルが高いんですよねー。

例えば株、投資信託(インデックスファンド)を買う場合・・・、

証券会社(SBI証券/楽天証券など)の口座開設

証券会社へ入金

購入銘柄(株・投資信託)の決定

預り区分(一般口座?特定口座?NISA?)の決定

分配金は受取り?再投資?

利益が出た場合の税金は?

などなど。。

とにかく始めるまでに疲れるし、株、投資信託どっちを買うにしても銘柄選択で運用成績に大きな差が出るし、実際始めたら価格の上げ下げが気になるし。。

そこで実際に投資、資産運用を始める前に簡単手軽に投資を体験できるのが楽天ポイント運用です。

楽天ポイント運用とは?

楽天スーパーポイントのみで始められる(現金は使えない)

始めるまでに新たに口座開設は不要(楽天会員であればOK)

楽天スーパーポイント100ポイント単位以上で始められる

期間限定ポイントは使えない

他のポイント⇒楽天スーパーポイントへ移行したポイントは使えない

運用コースは[アクティブ/バランス]の2種類のみ

ポイントが増えても税金はかからない

運用、引き出しともに手数料はかからない

1ポイント~いつでも運用ポイントの引き出し可能

楽天ポイント運用はパソコン?アプリ?どこから始める?

パソコンから始める場合

楽天市場TOPページ右側の自分の総保有ポイントをクリック⇒左側のポイント運用のバナーをクリック。

楽天市場アプリから始める場合

楽天市場アプリを開いて自分の総保有ポイントをタップ⇒少し下にスクロールしてポイント運用をタップ。

楽天市場アプリ(App Store)

楽天市場アプリ(Google Play)

スポンサーリンク

楽天PointClubアプリから始める場合

楽天PointClubアプリを開いてポイント運用をタップ。

楽天PointClubアプリ(App Store)

楽天PointClubアプリ(Google Play)

楽天ポイント運用の始め方

パソコン、アプリどちらからでも運用ポイントバナーをクリック(タップ)し、あとは運用コース(アクティブコース?バランスコース?)、運用ポイント数(100ポイント単位以上~)を決めるだけ、楽天証券の口座開設不要なので、5分もあれば始めることができます(超簡単&スピーディー)。

アクティブコース?バランスコース?

楽天ポイント運用はアクティブコース、バランスコース2種類のコースがあり好きなコースを選択可能です。

アクティブコースは全世界株式70:債権30の割合での運用コースなので波が激しいです。

簡単に言えば上がるときは上がるし、下がる時も下がります(そのまま・・・)。

バランスコースは全世界株式30:債権70の割合での運用コースなので波が穏やかです。

簡単に言えば世界的に株価(NYダウ/日経平均株価など)が上がっても債券中心の運用なのでアクティブコースよりも上がりませんが、逆に世界的に株価が暴落しても影響も限定的なのでアクティブコースよりも下がりません。

どちらを選択するかは自由だし、例えば1万ポイント運用する場合は、5千ポイントをアクティブコースに、5千ポイントをバランスコースに、ということも可能です。

楽天ポイント運用で使える楽天スーパーポイント

楽天ポイント運用は100ポイント単位以上から始められますが、期間限定ポイント、他のポイント(他のクレジットカードポイントなど)から移行した楽天スーパーポイントは楽天ポイント運用には使えません。

僕も約41万ポイントありましたが、実際は31万ポイントしか使えませんでした。

また会員ランクによって運用ポイントに使える上限ポイントも決まっています。

利用上限ポイント
/ ダイヤモンド その他
楽天サービス合算での月間利用上限 50万ポイント 10万ポイント
ポイント運用の利用上限 50万ポイント

/1回

3万ポイント

/1回

つまりダイヤモンド会員以外はポイント運用に使える楽天スーパーポイントは1回3万ポイントが上限ですが、楽天市場など他の楽天サービス合算での利用上限は月間10万ポイントなので、例えば楽天市場で2万ポイント使った場合、その月は計8万ポイントまで複数回に分ければポイント運用可能です(ダイヤモンド会員はいずれも50万ポイント)。

追加ポイントの運用開始スケジュール

楽天ポイント運用を始めたり、途中でポイントを追加した場合、いつから運用が開始されるのか?具体的なスケジュールは以下の通りとなっています。

つまり月曜の13時にポイント運用を始めたり、ポイントを追加した場合、火曜の22時以降に基準価格が確定し、運用が始まります。

またポイント運用のポイント変動(ポイント数の変動と%)はリアルタイムに変わるわけではなく1日1回(22時以降)です。

楽天ポイント運用のポイントの引き出し

楽天ポイント運用で運用しているポイントの引き出しは1ポイントから可能で、具体的な運用ポイントを引き出す際のスケジュールは以下の通りです。

つまり月曜の13時に引き出し申請を行った場合、火曜の基準価格をもとに確定し、火曜の22時以降に通常ポイントへ反映されます。

例えば引き出し申請を行った時点で1万ポイント運用していた場合で、月曜の13時に全ポイント引き出し申請を行った場合、火曜に基準価格が上がって10,500ポイントになれば火曜の22時以降に10,500ポイントが通常ポイントへ反映されます。

逆に火曜に基準価格が下がって9,500ポイントになった場合は9,500ポイントが通常ポイントへ反映されます。

楽天ポイント運用はじめました

2019年1月15日(火)、まずは1,000ポイントから楽天ポイント運用をはじめました!

5日間で+1.1%(11円)+です(^^;)

楽天ポイント運用vs楽天ポイント投資

僕は毎月1万ポイントを使って楽天ポイント投資をしていますが、楽天ポイント投資と楽天ポイント運用はどのように違うのか?比較してみたので、これから楽天スーパーポイントを使って投資、資産運用を始めたい人は参考にしてください!

楽天ポイント運用vs楽天ポイント投資
/ 楽天ポイント運用 楽天ポイント投資
楽天証券の口座開設 不要 必要
利用可能ポイント 100ポイント~ 1ポイント~
期間限定ポイント 使えない
他ポイントから移行した楽天ポイント
コース 2種類のみ 2600本以上の投資信託から選べる
SPU 対象外 1ポイント以上の楽天ポイントを使って月500円以上投資信託を買えばその月はSPU+1倍
引き出し 楽天スーパーポイント 現金
税金 対象外 利益が出た場合は20.315%の税金がかかる
積立 できない できる

楽天ポイント運用はポイント数は増減するけど運用コースも2種類しかないので、あくまでも投資を疑似体験できるサービスで、余った楽天スーパーポイントを使うだけなら是非、利用したいサービスです。

ただ長い人生で投資、資産運用は避けて通れないし、楽天ポイント運用のサービスだっていつまで続くか分からないし、投資初心者が投資を始めるのは少しだけハードルが高いかもしれませんが、楽天ポイント運用で投資を体験することができたら、実際に証券会社の口座を開設し、本格的に投資、資産運用を始めることをオススメします。

楽天証券

スポンサーリンク
サイト内検索
twitter
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

ロボアドバイザーはじめるなら?
アーカイブ