楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(主にXRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在約4,000万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中。

XRP TipBotはじめました!


公開日:   最終更新日:

Twitter利用してると有益な情報を得られたり、面白いツイートだったり、自分のツイートに♡(いいね)してくれた場合、感謝の気持ちを込めてその人のツイートに♡(いいね)しますよね?

ただ♡(いいね)だけでなく、もっと感謝の気持ちを伝えたい場合、簡単にチップ(投げ銭)を贈ることができます。それがTipBot(チップボット)で、特にXRP(リップル)を送ることができるチップボットがXRP TipBotです!

チップボットできる暗号通貨(仮想通貨)はビットコイン(BTC)、モナコイン(MONA)などいくつもありますが、このページではXRP TipBot(チップボット)の使い方(送り方・受取り方)、XRP
TipBotへの入金、出金方法、アプリの利用法などを説明しているので、特にXRP保有者(リップラー)の方は参考にしてください!

XRP TipBot(チップボット)とは?

XRP TipBot(チップボット)とは、少額のXRP(リップル)を簡単、気軽に相手に贈ることができるサービスのことで、以下のサービスいずれかを利用することで自分が保有している暗号通貨XRPを相手にチップ(投げ銭)することができます。

Twitter(ツイッター)

Reddit(ソーシャルニュースサイト)

Discord(ゲーマー向け音声・テキストチャット)

僕はReddit、Discordは利用してないので、このページではTwitterでのXRP TipBotの使い方を説明しています。

ちなみに僕は2017年7月からリップルの壮大なビジョンに心打たれてリップラーの仲間入りし、2019年1月末時点で約27万XRPを保有、ガチホ中です!

リップルのビジョン通りに進めば2019年から5年以内、2024年くらいまでにXRPは3,000円は超えると予想(希望)しており(当然ガチホ)、XRP(リップル)を少しでも世の中に普及させ、XRP(リップル)に携わりたいと思い、僕もXRPTipBot(チップボット)を始めました!

XRP TipBot(チップボット)の始め方[スマホ・パソコン編]

XRP TipBot(チップボット)はTwitter(ツイッター)のアカウントさえあれば簡単に始めることができます。

逆にTwitterのアカウントがない方でXRP TipBot(チップボット)を利用したい場合はTwitterの新規アカウントを取得してから始めましょう。

Twitter(ツイッター)のアカウント取得。

パソコン、スマホからXRP TipBot(チップボット)公式サイトにアクセス(XRP TipBotアプリからでも利用開始できます)。

スマホからだと右上のメニュー(≡)⇒ログイン(パソコンからは右上のログイン)。

Twitter(@xrptipbot)をタップ。

連携アプリを認証をタップ。

ようこそ!画面に移行したら完了。

XRP TipBot(チップボット)の始め方[スマホアプリ編]

スマホ、パソコンからXRP TipBot(チップボット)公式サイトへアクセスして始める方法を上記で説明しましたが、XRP TipBot(チップボット)アプリからでも始めることが可能で、始め方はほぼ同じです。

Twitter(ツイッター)のアカウント取得。

XRP TipBotアプリをインストール。

XRP TipBotアプリ(App Store)

XRP TipBotアプリ(Google Play)

Activate Onlineをタップ。

スポンサーリンク

Twitter(@xrptipbot)のログインにリダイレクト。

Twitterのユーザー名(メールアドレス)、パスワードを入力しログイン。

Finishをタップ。

XRP TipBotアプリのマイアカウントページに移行したら完了。

XRP TipBot(チップボット)の送り方・受け取り方

チップ(XRP)の送り方

XRP TipBot(チップボット)のマイアカウントにXRPを入金したり(入金法は下記参照)、または受け取っているXRPがあればtwitter上でチップ(投げ銭)を送ることができます。

またチップ(投げ銭)する方法はRedditで送る場合と、Discord、twitterで送る場合の2通りありますが、ここではtwitter(Discord)でチップする場合の方法を説明しています。

XRP TipBot(チップボット)にXRP残高があるのを確認。

チップ(投げ銭)を送りたい相手のツイートにリプライ(返信)⇒元ツイートのアカウントにチップを送ることになる。

1回のチップ(投げ銭)の上限は5XRP(XRP TipBotスマホアプリからtwitterを介さずに直接XRP TipBotユーザーに送る場合は最大20XRP)。

+金額 @xrptipbotと入力し返信するだけ。

金額は0.1、0.01、0.001、0.0001など小数点つきでもOKで、0.1の場合は.1、0.01の場合は.01と、最初の0を省略可能。

例えば+.1 @xrptipbotと返信するだけで相手へチップ(投げ銭)を送ることができる(数字と@の間は半角スペースを空ける)。

+金額 @xrptipbotの前後に文章があってもOK。例えば「ありがとう!+.1 @xrptipbot」など。

複数の相手にチップ(投げ銭)を送りたい場合は、送りたいユーザー名(@aa1122などの英数字)と+.1 @xrptipbot(金額)を入力してツイートすればOK。

通常は数秒でチップ(XRP)を送れ、XRP TipBot(チップボット)に反映されます。

チップ(投げ銭)を送っても受け取っても手数料は一切発生しません。例えば1XRPを送れば自分のアカウントから1XRPが減るし、1XRPを相手から受け取れば自分のアカウントに1XRP増えます。

これは自分でチップした時に感じたことですが、短時間に10XRP以上は送れない気がします。立て続けに10XRPを送った場合、11XRP~分が送れてないことが何度もありました。これが1時間に10XRPなのか?10分に10XRPなのか?検証してないので分かりませんが、もしも10XRP以上送る場合は時間を空けたほうが確実だと思います(1回のツイートで送れるのは5XRPが上限です)。

チップ(XRP)の受け取り方

相手が自分にチップ(投げ銭)してくれた場合、自分のXRP TipBot(チップボット)のアカウントに反映されるだけなので特にすることはありません。

送ったチップ、受け取ったチップの履歴

XRP TipBot(チップボット)へXRPの入金、出金法

XRP TipBotへの入金法

XRP TipBot(チップボット)のマイアカウントにXRP残高がなければチップ(投げ銭)することができないので、取引所、ハードウェアウォレット(Ledger NanoS)などからXRP TipBot(チップボット)へ入金します。

僕はコインチェックからXRPを入金しましたが、ビットバンクSBIバーチャル・カレンシーズDMM BitcoinHoubi(フォビ)などから入金する方法もほぼ同じです。

ちなみにコインチェックの場合、andoroidアプリではビットコイン(BTC)のみが送金可能だったので(2019年1月現在)、パソコンからXRPTipBotへXRPを送金しました(iosアプリは全てのコインで送金可能)。

XRP TipBot(チップボット)公式サイトから自分のアカウントにログイン⇒入金⇒ウォレット/両替からXRPを送る。

入金用アドレス、宛先タグが表示されるのでコピペする。

コインチェックにログイン⇒コインを送る⇒Rippleを送る⇒送金先リストの編集。

送金先リストの編集⇒新規ラベル(分かりやすい名前を)、新規宛先(XRP TipBot入金用アドレス)⇒追加⇒保存。

宛先を選択⇒XRP宛先タグ(チェックを忘れずに)、金額(XRP)を入力⇒送金。

コインチェックの二段階認証。

コインチェックの送金履歴。

手数料は0.15XRPでした(2019年1月27日時点でXRP=約34円なので約5円)。

爆速!数秒ですぐに入金されます!感動モノです!やはりXRP(リップル)は世界を変えると確信できますよ( ̄∇+ ̄)

XRP TipBot残高に反映される。

@xrptipbotをフォローしておけばTwitterのダイレクトメッセージ(✉)が届く。

XRP TipBot(チップボット)の入金履歴。

XRP TipBotからの出金法

出金量⇒100XRP/月まで(マネロン対策)。

Escrow⇒通常は不要なのでチェック入れない。

ウォレットアドレス、宛先タグ⇒取引所、ハードウェアウォレットなどのアドレス、宛先タグを入力。

XRP Ledger上のメモ⇒任意。

XRP TipBot(チップボット)開発者へ寄付したい場合はチェックを入れる。

出金は数分以内で完了。

XRP TipBot(チップボット)アプリは必要?

XRP TipBotはTwitterのアカウントがあれば利用できるので特にXRP TipBotスマホアプリは不要ですが、アプリを利用することによって以下のメリットがあるので、頻繁に利用する方はアプリのインストールをおすすめします。

Contacts⇒twitterを介さずにXRP TipBotユーザーへ直接チップ(XRP)を送ることができる。

XRP TipBotユーザーに直接送る場合は最大20XRP送れる(twitter上では最大5XRP)。

History⇒残高、過去の履歴を確認できる。

XRP TipBotアプリ

Send a tip

History(履歴)

自分が受け取る用の公開ページ(URL)を作る

XRP TipBot(チップボット)を利用して相手にチップ(XRP)を送るだけでなく、当然、自分にチップ(XRP)を送ってくれる人もいるわけで、twitterのリプライ(返信)でチップを受け取れるだけでなく、自分宛の公開ページ(URL)を教えれば、XRP TipBotユーザーであればtwitterを介さずに簡単にチップ(XRP)を送ることができます。

XRP TipBot(チップボット)公式サイトにログインし、アカウント:Tips&Balance⇒YOUR PUBLIC PAGE(あなたの公開ページ)⇒自分の公開ページが表示されるので、このURLをtwitterやブログに貼り付けていれば、相手は自分の公開ページにアクセスすれば、twitterのリプライせずにチップ(XRP)を送ることができます。

僕(gura791001)の公開ページはこちら

XRP TipBot(チップボット)をサイト(ブログ)へ埋め込む

自分用の公開ページだけでなく、サイト、ブログに直接、XRP TipBotボタンを設置すれば、XRP TipBotユーザーであればこのボタンをクリック(タップ)するだけで、twitterのリプライせずに簡単に自分にチップを送ることができます。

EMBED THE TIPBOT(TIPBOTを埋め込む)

XRP TipBotボタンは「XRPの量、ボタンの横幅」などをある程度自由に変更できます。ちなみにXRPの量⇒0.39、ボタンの横幅350にするとこんな感じになります。


リツイートでもれなくチップします!

XRPが100円以上になったらXRPチップ企画をしたいと思いますので、よろしくお願いします!

もちろん本来の目的である有益ツイート、おもしろツイート等にも一方的にチップ(XRP)を送りつけたいと思います( ̄∇+ ̄)

XRP TipBot公式

スポンサーリンク
サイト内検索
twitter
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

ロボアドバイザーはじめるなら?
アーカイブ