楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(主にXRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在約4,000万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中。

これから自由億(10億円)を目指すには?


公開日:

2019年1月5日、ZOZOTOWNの前澤社長が100万円×100人=総額1億円プレゼントをtwitterで行ったところ、リツイート数で日本新の560万RT(リツイート)を達成し(いままでの日本記録は2017年8月に記録したYouTuberヒカルの54万RT)、このRT数は世界記録の355万RTを超えて世界新記録!と、正月早々話題を独占しましたが、正直100万円では人生は全然変わりません(僕も念のためRTしましたが・・・)。

もちろん100万円もらえれば嬉しいですが、100万円なんてチョット贅沢するか家族で海外旅行いったら無くなる金額です。

1億円あったら人生あがり?

では1億円あったら?

これは年齢、家族構成、その人の考え方次第ですが、例えば東京で暮らしている一般的な30代サラリーマンで子どもが2人いて、子ども2人とも大学卒業まで面倒見て、普通にマンション買って、普通の生活をしようと思えば多少楽な生活ができますが、仕事をやめてリタイヤすることはできない金額、それが1億円です。

例えば年500万円使ったら20年でなくなりますから。

ただ1億円を生活費、娯楽費に使うのではなく、インデックスファンド、ロボアドバイザー、配当利回りのいい個別株などに投資すれば年利3%~以上は可能なので、1億円を投資に回せば殖えていくかもしれませんが(僕もこれ狙いで運用資産1億円を目指してます)。

いずれにしても1億円で人生を逃げ切ろうと思えばある程度、窮屈な生活を強いられるし、お金の呪縛からは解放されません。

では自由億だったら?

自由億=10億円のことで、金銭面だけでいえば10億円あれば普通は人生あがり、嫌な仕事をせずとも好きなことだけして、節約しなくても、まーお金に困ることのない金額、それが10億円です。

単純計算で年1,000万円使っても100年生活できますから。

僕も1億円は通過点、いずれは自由億を目指してます!

10億円を稼ぐにはどうすればいいか?

宝くじを当てる無理ゲー

競馬で一発当てる無理ゲー

起業して成功する可能性は無限大

YouTuber(ユーチューバー)になる可能性は無限大

投資で殖やす可能性は無限大

もちろん人によっては親が資産家であれば親の資産を引き継いで簡単に自由億(10億円)になれますが、そんな特別な人ではなく、一般人が10億円を貯める方法としてはざっとこんな感じかな?

起業またはYouTuber(ユーチューバー)で成功すれば10億なんて簡単ですが、そこまで行く道のりは果てしなく高くて険しい山を越えなければならないし、努力だけで到達できるものでもありません。

その点、投資であれば【勉強+ある程度の資金+決断力+強靭なメンタル+運】さえあれば誰でも自由億を目指せるので、一般人が自由億を目指す最もオーソドックスな方法が投資だと思います。

ただ投資で殖やすにしてもある程度の資金が必要です。

自由億(10億円)を目指す場合、仮に運用資産が1,000万円あれば100倍!運用資産が100万円しかなければ1000倍!にならなければ到達できない計算です(実際は税金のことも考える必要ありますが)。

ではいまから~10年以内に運用資産を100倍、1000倍にするには何に投資すればいいのか?

自由億を目指すにはリップル(XRP)一択?

1,000万円をインデックスファンドロボアドバイザーなんかで運用してたら生きているうちに自由億にはなれません。

もちろん自由億を目指さないのであればインデックスファンド、ロボアドバイザーでコツコツ積み立てて複利運用することは資産運用の王道だし、僕も続けてます!

例えば日本株、米国株の中には数年で100倍近く上がるものもあるけど、そんなお宝銘柄を見つけられる先見の明もないし・・・、仮に見つけられたとしても運用資産全額1,000万円を投資するなんてインサイダーでもなければできるもんじゃありません。

スポンサーリンク

そこで僕が目を付けたのが暗号資産のリップル(XRP)です!

僕は現在、約26万XRPを保有中ですが、今年中には最低でもあと4万XRPを買い足して30万XRP保有を目指しています。

仮に30万XRPで自由億(10億円)を目指すとなると1XRP=約3,500円。。

2019年1月7日現在、約40円ほどのXRPが100倍近くの3,500円になるなんてチョット現実的ではないように思うかもしれませんが、1年前の2018年1月には400円を超えてたので過去最高値からすれば10倍以下だし、仮にXRPが実際に国際送金で使用されるようになったり(着々と進んでます)、Visa、MastercardがXRPを採用したり、さらにはAmazonが採用した場合、1XRPは3,500円どころか、1万円、10万円も視野に入るのではと予想されています。

・Mastercardが採用1XRP=90ドル以上(1万円以上)?

・Visaが採用1XRP=200ドル以上(2万円以上)?

・Amazonが採用1XRP=1,000ドル以上(10万円以上)?

こればかりはどうなるか全く分かりませんが、リップル(XRP)の明確で壮大なビジョン、技術力、政治力をもってすれば金融革命を起こす可能性は極めて高いと個人的には思ってます!

ちなみにビットコイン(BTC)は2019年1月7日現在、約43万円なので、100倍で4,300万円!

XRP3,500円は想像できるけどBTCが4千万ってチョット想像できないなー。。

ただジョン・マカフィーなどは「ビットコイン価格は2020年に1BTC=100万ドル(1億円)相当になっているはずだ」と予想してるし、暗号資産(仮想通貨)ってこれから2、3年以内にどっちかに大きく動くと思うんですよ。ビットコインなら1,000万円以上か、1万円以下とか。

またいずれはリップル(XRP)がビットコイン(BTC)を抜いて時価総額1位になるのは時間の問題とも言われており、仮にビットコインが暴落してもリップルだけは上昇するのではないか?と(希望)。

暗号資産(仮想通貨)の場合は2019年現在、雑所得扱いなので仮に10億円、利益をあげれば半分ほど税金で持ってかれますが、まーそんな細かい事は気にせず、いまから夢を見るなら僕個人はリップル(XRP)一択だと思ってます!

3年後、5年後どうなってるかなー?自由億になってたら僕もtwitterで大プレゼント企画をするのでお楽しみに!リップル(XRP)がポシャって無一文になってたら笑ってくださいw

スポンサーリンク
サイト内検索
twitter
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

ロボアドバイザーはじめるなら?
アーカイブ