楽天経済圏で暮らしながらインデックスファンド(主にS&P500)、ロボアドバイザー、米国株、暗号通貨(BTC/XRP)、金(ゴールド)へ投資した運用成績をリアルに公開中(現在のリスク資産⇒約7,500万円)。楽天のお得な利用法、楽天ポイントのお得な情報も公開中( ̄▽ ̄)

仮想通貨投資1年を振り返る


公開日:   最終更新日:

天国から地獄

仮想通貨投資を始めて1年を振り返るとまさにこの言葉がぴったりです(^^;)。

2017年7月にそこそこ信頼できる知人から「リップル(XRP)っていう仮想通貨がこれから来るらしい。ビットコインなんて今から買っても遅い。リップルは2017年の年末までには100円は超える。」と言われ、それまで気になってはいたが一歩を踏み出せなかった仮想通貨投資を始める決心をしました。

2017年7月~12月までの仮想通貨投資

2017年7月ごろの相場は、ビットコイン(BTC)は35万円くらい、リップル(XRP)は20円前後でした。

知人の言う通りリップルが100円になれば約5倍なので、これは急がなければと思い(単純)、早速コインチェックの口座開設をし、2017年7月25日に200万円を入金し、リップル(XRP)200円分を購入しました。

コインチェックへの入金履歴は以下の通りです。ちなみにコインチェックへは住信SBIネット銀行から入金していますが即時反映ではなくだいたい3時間以内には反映されていました。


結局7月に200万円、8月に900万円、10月に150万円、11月に50万円、12月に300万円、2017年は合計1,600万円をコインチェックに入金し(出金は0)、具体的にコインの購入額は以下の通りです。

2017年に購入した仮想通貨
通貨 購入
リップル(XRP) 約535万円分
ビットコイン(BTC) 約400万円分
ライトコイン(LTC) 約190万円分
イーサリアム(ETH) 約175万円分
リスク(LSK) 約165万円分
ビットコインキャッシュ(BCH) 約90万円分
ネム(XEM) 約45万円分
合計 1,600万円

最初はリップル(XRP)から入った仮想通貨投資ですが、コインチェックのチャットをチェックするようになり(コインチェックのチャットなんてあてにならないのでみなさんは参考にしないほうが賢明です・・・)、リップル以外にもコインチェックで扱っている通貨を上記の通り買い漁りました。。

そして2017年9月にチャイナショック(中国の仮想通貨取引所が閉鎖される)などがあり、一時的に仮想通貨投資はマイナスになりましたが、得意のガチホで(^^;)放置した結果、その後はビットコインをはじめほとんどの通貨は右肩上がりに値が上がり、2017年12月末にはコインチェックで保有している通貨の総資産は約7,800万円(投資額の約5倍)まで膨れ上がっていました( ̄▽ ̄)。

わずか半年で投資額の約5倍って(^^;)。ちなみに2017年1月1日から1年間でどれほど上がったかと言うと、メジャーなコインは以下の通り爆上げです・・・(倍率は僕個人の計算なので大まかな倍率です)。

2017年に暴騰した仮想通貨の倍率
通貨 倍率
モナコイン(MONA) 約350倍
リップル(XRP) 約250倍
ネム(XEM) 約200倍
リスク(LSK) 約120倍
イーサリアム(ETH) 約80倍
ライトコイン(LTC) 約45倍
ビットコイン(BTC) 約14倍

2017年1月1日以前に仮想通貨を買ってガチホしていた人は笑いが止まらなかったでしょうね。

また2017年11月ごろからテレビ、ネットではビットフライヤー、コインチェック、DMM Bitcoinなどの仮想通貨のCMを頻繁に見るようになり、仮想通貨投資を始めた時期によって出川組(コインチェック)、ローラ組(DMMBitcoin)、剛力組(Zaif)なんて呼ばれていましたね(^^;)。

2017年11月後半からは毎日、寝て起きたら上がっていて、本当に何を買っても上がる無敵状態でした!

この頃「元本(1,600万円)だけでも売却しようかな?」と考えていましたが、あまりにも上がるスピードが速かったので、「総資産が1億を超えたら元本(1,600万円)だけ売却しよう」と考えていました。

2018年1月~7月までの仮想通貨投資

2018年に入っても仮想通貨の勢いは止まらず、特にリップル(XRP)の爆上げは留まることを知らず、一時400円を突破!リップルは11月ごろはまだ30円にもなっていなかったので、僅か1ヶ月チョットで10倍以上に!僕のコインチェックでの仮想通貨の総資産も1億2千万円を突破しました!

投資で1億の利益を出した億り人に一瞬だけなりました!ただ税金考えると仮想通貨の場合は2億くらい利益出さなければ本当の億り人とは言えないかもしれませんが。

1億を超えたので元本(1,600万円)だけでも売却する予定でしたが、まだまだ上がると思い(素人の思考・・・)、仮にここからさらに10倍になったとしたら、元本(1,600万円)を売却しなければさらに資産が殖えると思って売却するのをやめました(あー・・・)。

さらに売却しなかったのは税金の問題でした。

元本(1,600万円)だけを売却したら税金はどうなるの?など面倒だし(一応法人化しているので顧問税理士はいますが仮想通貨投資はあまり知られたくなかった)、仮想通貨の利益は雑所得なので(2018年現在)、仮に4千万円以上の雑所得となると所得税はMAX45%(所得税)+10%(住民税)=約55%(実際は各種控除などがあるので人によって違いますが40~45%くらい?)、つまり約半分、税金で持っていかれると思うと売却することはできませんでした。。

結局この判断が地獄への入り口だったな・・・。。

コインチェックの約580億円分のNEM(ネム)ハッキング、盗難事件

2018年1月26日(金)。年末年始に暴騰した仮想通貨も下落し続けていましたが、そこに追い打ちをかけたのがコインチェックのNEM(通貨名はXEM/ネム)、当時のレートで約580億円分がハッキング、盗難された事件でした。

最初はフェイクニュースかな?と気楽に構えていましたが、コインチェックが口座を凍結(素早かったな・・・)。売買、出金ができなくなって、はじめて「ヤバイ!」と思いました。

そこでもしものことを考えてコインチェックでの入金、取引履歴をスクショしました。

2018年1月28日時点のコインチェック内の仮想通貨総資産、約5,300万円。

この時すでに仮想通貨の総資産はピーク時(1億2千万円)の半分以下になっていました。

ただこんな数字も無意味かもしれないと覚悟していました。

ネットではコインチェックが倒産すればコインチェックに預けていたネムはもちろん、それ以外のビットコイン、リップルなどの通貨も返ってこないのではないか?などネガティブな情報が錯綜し、僕もネムのハッキング事件当時に総資産約5,300万円ありましたが、最悪1円も返ってこないことを覚悟していました。

スポンサーリンク

正直ネムは諦めるから、他のコインはそのまま返してくれよー!と思っていましたが、マウントゴックス事件などもあったし、仮想通貨は取引所などに預けておくのはリスクが高いと言われていたので自業自得な面もあったため、高い勉強代だったな・・・と、半ば諦めていました(総資産5,300万円でしたが投資金は1,600万円)。

その後コインチェックは相当な利益を出していたことが判明し(えげつない手数料取ってたからなー)、盗難されたNEM(ネム)は2018年3月12日(月)に約88円のレートで売却され、僕は15,000XEM保有していたので約132万円返金されました。

NEM(ネム)は約45万円分、購入し保有していたので+約87万円。

NEM(ネム)の返金保証よりもビットコイン、リップルなどのコインもそのまま返って来たことのほうが嬉しかったですね。

ただコインチェックは自らによる経営再建を諦めて?マネックスに約36億円で買収されました(マネックスの株価が2倍以上に急騰しましたね)。

ちなみにコインチェックでのコインの購入は2018年7月末現在まだできませんが、2018年3月からコインの売却、銀行への出金は随時できるようになり、僕も全通貨、売却し、仮想通貨から足を洗おうとチョットだけ思いましたが、40歳過ぎてこんなジェットコースターのようなドキドキできるものもないな( ̄▽ ̄)と思い、売却せずホールド!当分ガチホ予定です!

約132万円はコインチェックの口座に返金されただけで僕個人の銀行口座への出金はしませんでした。

なぜかというと、コインチェックが再開したらこの132万円でまた何か買ってやろうと考えていたからです(仮想通貨中毒・・・)。

2018年7月末現在、まだコインチェックでのコインの購入ができないので132万円はコインチェックの口座に残っていますが、購入できるようになればビットコインキャッシュ、リップルあたりを買おうと考えています(ネムも2018年7月末現在約16円とかなり下がっているので10万円分くらい買おうかな)。

ネムのハッキング事件があってからハードウェアウォレット(Ledger Nano S)を購入し、まだ使っていませんが、近いうちに保有している仮想通貨はコインチェック、ビットフライヤー、DMM、SBI、ハードウェアウォレットに分散させて保有しようと思っています。

仮想通貨もネムのハッキング、盗難事件もあって下落が続いており、これはチャンスだなと思い( ̄▽ ̄)、2018年2月にDMM Bitcoinの口座を開設し100万円を入金⇒イーサリアム(ETH)の現物を約100万円分購入⇒2018年7月末現在、約50万円と半分に。。

さらに仮想通貨の下落は続き・・・、SBIバーチャル・カレンシーズもサービスを開始したので速攻で口座開設をして6月に100万円を入金⇒リップル(XRP)50万円、ビットコインキャッシュ(BCH)50万円を購入、7月に100万円を入金⇒リップル(XRP)100万円を購入。合計200万円分を購入⇒2018年7月末現在、約176万円(-24万円)。。

2017年に1,600万円、2018年に300万円、合計1,900万円仮想通貨へ投資し、2018年7月末現在、コインチェックで約2,180万円あるので、DMM(約50万円分)、SBI(約176万円)を合わせるとまだ500万円ほどプラスですが、手数料、税金を考えるとたいしたプラスじゃないな。。

まだまだ下落相場は続きそうなので一時的に仮想通貨投資はマイナスになるかもしれませんが、資産を大きく殖やすためにはリスクを取らなければならないので、最低でもあと3年、2021年まではガチホする予定です!

2018年8月~12月までの仮想通貨の価格予想は?

投資素人の僕が2018年8月から12月まで仮想通貨がどのようなチャートを描くかなんてわかるはずもありませんが、2018年1月初めにビットコインが200万円を超え、リップルが400円を超えた時、それから約半年くらいで誰が今の状況(ビットコイン80万円、リップル50円)を予想できたでしょうか?

仮想通貨は毎年2月には上がる、3月の確定申告が終われば上がる、アメリカの確定申告期限は4月なので4月後半には上がる、G20が終われば上がる、ゴールデンウイークには上がるなど、インフルエンサー、twitter、youtubeなどでもポジティブな意見が多かったですが、2018年1月中旬から始まった下落トレンドは続いています(どこまで下がるのか・・・)。

つまりインフルエンサー(エコノミスト)の意見なんて本当にあてにならない!あとテクニカル分析(特に仮想通貨のチャート)も個人的にはあてにならないと思ってます!仮想通貨は今のところテクニカルよりもファンダメンタル(材料)次第だと思っています。

またポジトーク(自分が持っているポジションに有利な発言をすること)するインフルエンサーも多いので注意しましょう!

結局のところ上がるか下がるかしかないんだから、適当に予想したって1/2で当たりますからねー。

ただ2018年後半、仮想通貨としては、コインチェック再開(仮想通貨交換業者へ登録)、ビットコインのETF上場承認(微妙ですが)、G20(各国で規制の足並みを揃える)などで上がる要素が多いのも確かなので(G20は下げ要素にもなりますが)、個人的には2018年7月末よりは上がるんじゃないか?と楽観視しています。

具体的には、かなり希望的観測ですが(^^;)、時価総額1位、2位、3位のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)は2017年の年末から2018年上旬に付けた過去最高値を更新すると予想しています。

過去最高値は以下の通りとなっています(取引所によって価格が多少異なります)。

時価総額1~3位の仮想通貨の最高値
(2018年現在)
通貨 最高値
ビットコイン(BTC) 約220万円
イーサリアム(ETH) 約15万円
リップル(XRP) 約400円

つまり2018年7月末現在、ビットコインが約80万円なのでここから3倍!イーサリアムが約5万円なので同じく3倍!リップルは50円を切っているので9倍!くらいにはなるのではと予想(希望)しています。

2018年に入って悲観的な相場が続いていますが、仮想通貨市場はチョットした材料で爆上げするので、男なら黙ってガチホして笑って2019年を迎えられたらいいですね(^_^)。

ちなみに僕が仮想通貨投資を始めるきっかけとなった知人によると「リップル(XRP)はいま50円くらいだけど(2018年7月末)、2018年の年末までには500円は超えていると思う(5ヶ月で10倍!)」と言ってました(* ̄0 ̄)/。

もちろんこの知人は仮想通貨には詳しいですが、僕と同じくリップル信者なのでかなり希望的観測だと思いますが、昨年もリップルは2017年11月から2018年1月上旬の1ヶ月チョットで10倍になったので、XRPを大量保有している僕としてもこの予想が当たってほしいと強く思っています!頑張れリップル(XRP)!

スポンサーリンク
サイト内検索
スポンサーリンク
株・投資信託はじめるなら?

SBIネオモバイル証券

米国株の情報を無料でお届け

モトリーフール

アーカイブ